青少年赤十字

HOME>>事業紹介>>青少年赤十字

ロゴ青少年赤十字は、将来を担う青少年が赤十字を正しく理解し、進んで赤十字運動に参加することを通じて、世界の平和と人類の福祉に貢献できるように、日常生活の中で、望ましい人格と精神を自らつくりあげることを目的とした事業です。
青少年赤十字は、教師等を指導者として、幼稚園・保育所、小・中・高等学校の中に組織され、学校教育・幼児教育の中で進められています。
「気づき、考え、実行する」という自主性に基づき、世界の青少年赤十字に共通している次の3つの実践目標を掲げて青少年の発達段階や学校内外の実情に応じた活動を展開しています。

画像

画像

画像

青少年赤十字3つの実践目標

1 生命と健康を大切にする。(健康・安全)
2 人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し、実行する。(奉仕)
3 広く世界の青少年を知り、仲良く助けあう精神を養う。(国際理解・親善)

埼玉県内の加盟校数(平成27年3月末現在)

学校数メンバー数
幼稚園・保育園
125園
17,777人
小学校
197校
86,289人
中学校
99校
37,393人
高等学校
58校
5,575人
特別支援学校
2校
182人