救急法受講者が人命救助に活躍!

HOME>>新着情報>>救急法受講者が人命救助に活躍!
2017年10月31日

救急法受講者が人命救助に活躍!

 平成29年10月27日(金)日本赤十字社埼玉県支部において、人命救助を実践した救急法受講者の萩原 秀章 様に対し、日本赤十字社社長から表彰状をお送りしました。
 萩原様は、平成29年8月27日、地元体育振興会主催のソフトボール大会で心肺停止状態となった男性にAEDを使用して一次救命処置を行い、一命を救ったものです。
 萩原様は、万が一の時に対応できるようにと考え平成28年に赤十字救急法基礎講習を受講されたとのことです。「今回、その時に学んだ経験を活かし、基本に忠実に医療人としての使命感、強い正義感を持って実践した結果、人命救助をすることができました。」
 また、先日、男性がご家族とともにお礼に見えた際、お子様から「ありがとう」の言葉に感激し「涙が出そうになりました」と話されました。

人命救助者表彰を受賞された萩原 秀章 様(右)と日本赤十字社埼玉県支部真下事務局長