新着情報詳細ページ


新着情報詳細ページ


2019.3.25

2019年モザンビーク サイクロン救援金の受付を開始しました


2019年3月15日、アフリカ南部モザンビークに上陸したサイクロンにより、242名(同21日時点UNOCHA調べ)が死亡し、最終的な死者数は1,000名以上になると見込まれています。

被災地域の家屋・建物への損害は甚大で、40万人が避難生活を送っており、被災者数は60万人に上ると予想されていますが、通信インフラが回復していないため被害状況の全容把握にはいまだ時間を要しています。

また、モザンビークを直撃したサイクロンは、近隣国のジンバブエとマラウイも襲い、両国でも死者や行方不明者、家屋、農作物への被害が発生しています。

この事態に対し、日本赤十字社は下記のとおり救援金の受付を開始いたしました。ご寄付いただいた救援金は、各国赤十字社と国際赤十字・赤新月社連盟が実施する救援活動の支援に充てられます。

 

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

受付期間
平成31年3月25日(月)から平成31年6月30日(日)まで

 

協力方法など詳しくはこちらをご覧ください

 

新着情報一覧ページ