講習会を開催したい


講習会を開催したい


日本赤十字社では、各都道府県支部が主催して講習会を開催しているほか、講習会を開催したい団体様からのご依頼によって指導員を派遣しています。
指導員の派遣をご検討中の団体様は、以下の留意事項をご一読・ご了承のうえ、まずは日赤埼玉県支部あてお電話でご連絡ください。

※留意事項

① 講習内容は、日本赤十字社が展開している各種講習の内容の範囲内とさせていただきます。

② 開催団体は、原則埼玉県内の団体に限らせていただきます。

③ 開催場所は、原則埼玉県内に限らせていただきます。

④ 受講者数は、10名以上からお受けいたします。

⑤ 講習時間は、2時間程度からお受けいたします。

⑥ 開催日や内容によっては、指導員の派遣ができないことがあります。

⑦ 指導員の派遣にあたっては、指導員派遣料が発生することがあります。

⑧ 講習テキストや呼気吹込み用具などの資材を使用する場合は、実費をご負担いただきます。

⑨ 訓練用人形やAEDなど講習で使用する資材は、日赤埼玉県支部所有のものをご使用いただきます。(消防や企業等の資材はご使用になれません。)

⑩ 資材の受取・返却は、各団体様で行なっていただきます。受取・返却場所は、原則日赤埼玉県支部となります。(受取・返却日時については、STEP4をご覧ください。)

⑪ 会場は、各団体様がご用意ください。なお、受講者の安全を最優先に考慮し、机や椅子等を整え、十分な広さを確保できる会場を選定願います。

⑫ 悪天候や災害の発生、感染症等の流行時などの際は、講習会を中止させていただくことがあります。

⑬ 営利目的(団体が別途受講料金を徴収するなど)で、赤十字の講習会を開催することはできません

⑭ 学校等のカリキュラムに赤十字講習会を加えることはできません。

⑮ 指導員個人への謝礼は固くお断りいたします。


1. 救急法等各種講習会開催までの流れ


  • 開催希望日2ヶ月前まで

    内容・日程調整

  • 開催日1ヶ月前~2週間

    開催日決定

  • 開催日1週間前

    指導員から打合せ連絡

  • 資材表を支部へFAX

  • 開催日前日

    資材受取

  • 開催翌日

    資材返却

  • STEP1
  • <開催希望日2か月前まで> 日程・資材の仮予約

  • はじめに、埼玉県支部講習係あてお電話で連絡ください。

    TEL:048-789-7117 (平日の午前9時30分~午後5時00分)

    この際、開催候補日時(複数候補日)、受講者数、内容等をあらかじめ決定願います。

    お電話で仮予約が済みましたら、このページのWordファイル(講習申込書①様式1)をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、埼玉県支部講習係あてFAXで送信願います。

    FAX:048-834-1520

    ※受信後、指導員の手配を開始しますので、早めに送信願います。

    ※指導員が手配できない場合や、講習資材の調整ができない場合は、ご希望通りお受けできないこともあります。

  • STEP2
  • <開催日1か月~2週間前> 開催日決定

  • 開催の可否について、お電話でご連絡いたします。

    開催が確定した場合は、このページのWordファイル(講習会開催申請書②様式2-1~2-3)をダウンロードし、該当する様式に必要事項を記入、公印・代表者印を押印し、最寄り駅から講習会場までの地図を同封のうえ、埼玉県支部あて郵送にてお送りください。

    宛先 330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町3-17-1

    日本赤十字社埼玉県支部 講習係 あて

    なお、埼玉県支部到着後、回答文書をご担当者様あて郵送いたします。

  • STEP3
  • <開催1週間前> 指導員との打合せ

  • 派遣する指導員の代表者(主任指導員)からご担当者様あてに直接連絡をいたします。

    この際、具体的な展開内容、資材数、使用する教材等を調整させていただきます。

  • STEP4
  • 講習資機材連絡表の送付(FAX)

  • STEP2の回答文書に同封のもの、又はこのページのWordファイル(講習資機材連絡表③様式3-1~3-3)をダウンロードし、該当する様式にSTEP3で主任指導員と調整していただいた内容を記入し、埼玉県支部講習係あてFAXで送信願います。

    FAX送信先:048-834-1520

    また、資材の受取日時は、原則開催日の前日13時~17時(平日)となり、返却日時は、開催日の翌日9時30分~12時(平日)となります。この時間帯で調整をお願いいたします。なお、事情によりこの時間帯で調整不可能な場合は、必ず事前に埼玉県支部までご相談ください。

  • STEP5
  • <開催前日> 講習資材の受取

  • STEP4でご記入いただいた時間に、埼玉県支部までお越しください。

    お越しになるのが困難な場合、赤帽やスーパーカーゴなど1事業所のみの荷物を扱う運送業者の利用は可能ですが、埼玉県支部から手配などは行っておりません。また、配送料金はご負担願います。

    参考:資材の大きさ(目安)

    ① 大人訓練人形(1体) 高さ22cm、横幅33cm、奥行き60cm

    ② 幼児訓練人形(1体) 高さ20cm、横幅35cm、奥行き110cm

    ③ 乳児訓練人形(4体入り) 高さ30cm、横幅25cm、奥行き60cm

    ④ 折り畳みコンテナ 高さ30cm、横幅40cm、奥行き55cm

  • STEP6
  • <開催当日> 講習会の実施

  • 講習中は、受講者の健康管理と事故防止に努めてください。

    なお、公共交通機関の乱れや道路状況等やむを得ない事情によっては、指導員が時間までに到着できないことがあります。

  • STEP7
  • <開催翌日> 講習資材の返却

  • 埼玉県支部に返却する前に、お貸しした資材が不足していないか必ず確認してください。(特に訓練人形に付属しているトレーの紛失などにご注意ください。)

    STEP4でご記入いただいた時間に、埼玉県支部までお越しください。

  • STEP8
  • <講習終了後> 指導員派遣料、教材費等の支払

  • 講習終了後、請求書を郵送いたしますので、内容をご確認のうえ、10日以内に指定口座にお振込みください。(※振込手数料は、ご負担願います。)

    なお、請求書とともに「送金書」を郵送いたしますので、振り込み名、振り込み予定日を記入し、埼玉県支部あてFAXで送信願います。(送金書は、入金確認のため必要となりますので、必ず送信願います。)

    FAX送信先 048-834-1520

    ※救急法基礎講習及び各種養成講習の合否の結果(合格者には認定証交付)は、講習終了後4週間前後で団体様あて郵送いたしますので、受講者にお渡しください。

2. 申請書等各種様式について


STEP1~STEP8でご案内した、Wordファイルは次の通りです。

3. 講習の種類について


講習は、大きく分けて3種類あります。ご希望の種類をご選択ください。

なお、各種講習の内容については、埼玉県支部トップページよりご確認ください。


(1)基礎講習(救急法のみ)

直ちに手当てが必要な一次救命処置(心肺蘇生法、AED、気道異物除去)について学ぶ講習です。講習の最後に実施する検定(学科・実技)に合格された方には、認定証を発行いたします。


(2)養成講習(各種講習)

救急法、水上安全法、幼児安全法、健康生活支援講習の各講習で実施しています。

全日程に参加された方で、講習の最後に実施する検定(学科・実技)に合格された方には、認定証を発行いたします。

なお、救急法及び水上安全法の養成講習を受講するためには、救急法基礎講習の認定証がすでにお持ちであることが前提となります。


(3)短期講習(各種講習)

開催団体様の希望に応じて、各講習の一部の内容を実施するものです。

2時間程度から比較的短時間で実施できます。

検定がないため、認定証の発行はありません。


4. 費用のご負担について 


赤十字の活動は、広く一般の皆さま、企業・団体様からご協力いただいている「活動資金(会費)」により実施しております。

講習普及事業についても、お寄せいただいた活動資金(会費)を財源として実施しておりますが、社会のニーズに一層応えられるよう普及体制を強化するため、開催団体の皆様に指導員派遣料等の費用を負担していただいております。

(1)指導員派遣料

講習の種類及び時間によって、以下のとおり指導員派遣料をいただいております。

  • 救急法基礎講習

  • 5,000 円×派遣指導員数×派遣日数

  • 各養成講習

  • 5,000 円×派遣指導員数×派遣日数

  • 短期講習(4 時間未満)

  • 3,000 円×派遣指導員数×派遣日数

  • 短期講習(4 時間以上)

  • 5,000 円×派遣指導員数×派遣日数

※ただし、講習開催団体が、赤十字協力団体(地区・分区、赤十字奉仕団、青少年赤十字(JRC)加盟校等)の場合は、原則上記指導員派遣料は免除となります。

(2)受講料


講習の種類によっては、受講者1名につき以下のとおり受講料(教本代、呼気吹き込み用具、保険料など)をご負担いただいております。

  • 区分

  • 受講料

  • 内容

  • 救急法基礎講習

  • 1,500円

  • 教本、呼気吹き込み用具2個、保険料

  • 救急法救急員養成講習

  • 1,700円

  • 教本、教材セット(三角巾等)、保険料

  • 水上安全法救助員Ⅰ養成講習

  • 700円

  • 教本、保険料

  • 幼児安全法支援員養成講習

  • 1,800円

  • 教本2種類、呼気吹き込み用具、保険料

  • 健康生活支援員養成講習

  • 900円

  • 教本、保険料

  • 各種短期講習※

  • なし

  • なし

※短期講習において、教本等を使用する場合、以下の実費をご負担いただいております。

  • 使用教材(小冊子)

  • 価格

  • 救急法)知っていれば安心です

  • 53円

  • 救急法) 救急法の基礎知識

  • 53円

  • 水上安全法)ルールを守って楽しい水泳・水遊び

  • 53円

  • 幼児安全法)子どもの看病手当の仕方

  • 53円

  • 健康生活支援講習)地域で支える認知症

  • 53円

  • 健康生活支援講習)災害が起こったときに

  • 53円

  • 使用教材(教本)

  • 価格

  • 救急法)基礎講習教本

  • 315円

  • 幼児安全法)乳幼児の一次救命処置

  • 315円

  • 各種講習の養成教本

  • 524円

  • 使用資材

  • 価格

  • 救急法、幼児安全法)呼気吹き込み用具(キューマスク)

  • 157円