講習会を開催したい


講習会を開催したい


赤十字では支部主催で講習会を開催するほかに、みなさんに講習会を開催していただけるよう、指導員の派遣を行っております。指導員派遣にあたっては、10名以上の受講者を集め会場を用意していただくようお願いいたします。ご希望の際、まずはお電話で日程調整等をさせていただきます。

※気象状況及び災害発生時や、感染症等流行が予想される場合は講習会の開催を中止にさせていただく場合があります。

※公共交通機関や道路状況により派遣指導員が時間までに到着できない場合があります。

※会場および受講者の安全確保を最優先に考慮したうえで申し込み願います。

※講習会場所は原則として埼玉県内に限らせていただきます。

救急法等各種講習会開催までの流れ


  • 開催希望日2ヶ月前

    日程調整

  • 開催日2週間~1ヶ月前

    開催日決定

  • 指導員より連絡

  • 開催日前日

    資材借用

  • 翌日~数日後

    資材返却

  • STEP1
  • 開催希望日2ヶ月前 日程等の仮予約

  • まず、電話をします。

    TEL:048-789-7117

    開催希望日、内容、受講者人数をお伝えください。

    その後、申込書①に必要事項を記入しFAXください。

    FAX:048-834-1520

    ※ページ下部のwordファイルをダウンロードしてお使いください。

    (指導員の手配や資材の数に限りがあるため、必ずしもご希望に添えるとは限りません)

  • STEP2
  • 支部担当者から連絡

  • 支部担当者から、派遣の可否についてご連絡します。

  • STEP3
  • 開催日2週間~1ヶ月前 開催日決定

  • 開催が確定したら「講習会開催申請書」②に必要事項を記入しFAXしてください。

    FAX:048-834-1520

    ※ページ下部のwordファイルをダウンロードしてお使いください。

    申請書受付後、派遣指導員、講習資器材連絡表③ 等の必要書類を開催日の2週間~1ヶ月前までにお送りします。

  • STEP4
  • 指導員より連絡

  • 派遣指導員から開催者へ直接連絡いたします。講習内容や使用資器材などを調整してください。

  • STEP5
  • 講習資器材の貸出

  • 指導員との調整後、必要な資器材を「講習資器材連絡表」に記入しFAXしてください。

    FAX:048-834-1520

  • STEP6
  • 講習資器材の受取

  • 貸出日は原則として講習開催前日(開催前日が土日祝祭日の場合はその前日)の13:00~17:00となります。

  • STEP7
  • 講習会の実施

  • 講習中は受講者の健康管理と事故防止に努めてください。

  • STEP8
  • 翌日~数日後 資材返却

  • 講習終了後、埼玉県支部に返却をお願いします。なお、返却日は原則として講習開催翌日(開催翌日が土日祝祭日の場合はその翌日)の9:30~12:00となります。

  • STEP9
  • 開催負担金、教材費などの支払い

  • 請求書を送付しますので受領後10日以内に指定口座にお振込みください。

    なお、請求書と一緒に「送金書」④をお送りしますので、送金日までに埼玉県支部担当あてにFAXしてください。

    FAX:048-834-1520

      銀行・支店名 武蔵野銀行県庁前支店

      口座番号   普通預金 №49625

      口座名義   日本赤十字社埼玉県支部

  • STEP10
  • 認定証の交付

  • 基礎講習・養成講習については、講習終了後4週間前後に、検定合格者分の認定証を発行し、開催者宛てに送付しますので、合格者に認定証をお渡しください。

    なお、不合格者にもその旨を通知してください。

講習の区分


1. 基礎講習

直ちに手当の必要な傷病者に一般市民が行う一次救命処置(心肺蘇生・AED・異物除去)に
ついて、4時間で学ぶ講習です。全日程に出席された方には受講証を、検定合格者には認定証
が交付されます。


2. 養成講習

全日程出席された方には養成講習受講証、検定合格者には認定証を交付します。

救急法、水上安全法の2つの養成講習会を受講するためには、基礎講習を受講・認定済であることが条件となります。


3. 短期講習

それぞれの講習の一部の項目を、開催者の希望に応じた内容で開催できる講習です。必要に応じて受講証を交付します。

受講証を交付される場合は、赤十字救急法等講習会開催申込書に、その旨を記載し、講習会実施後に受講した方の名簿をご提出ください。


講習開催負担金について


赤十字事業は、県民の皆様及び企業団体等からご協力をいただいている「活動資金(会費)」により実施しております。

講習普及事業についても、お寄せいただいた活動資金(会費)を財源として普及活動を実施しておりますが、社会のニ-ズにより一層応えられるよう普及体制を強化するため、開催団体の皆様に講習開催負担金として指導員派遣等講習に係る費用の一部をご負担いただいています。

負担金

  • 救急法基礎講習

  • 5,000 円×派遣指導員数×派遣日数

  • 各養成講習

  • 5,000 円×派遣指導員数×派遣日数

  • 短期講習(4 時間未満)

  • 3,000 円×派遣指導員数×派遣日数

  • 短期講習(4 時間以上)

  • 5,000 円×派遣指導員数×派遣日数

ただし、講習開催者が、赤十字協力団体(地区・分区、赤十字奉仕団、青少年赤十字(JRC)加盟校等)の場合は、原則として講習開催負担金のご負担は免除となります。

受講費


各講習に係る受講費(教本代・三角巾等資材費・保険料)は、下記のとおり各受講者にご負担いただきます。

※本保険は、講習中のケガ、講習参加者の行為に起因して生じた第三者の身体の障害・財物の損壊、及び講習会場と自宅との往復途上でのケガ(内容により保険適用にならない場合もあります)を補償するものです。

事故に遭われた場合は、当支部まで速やかにご連絡願います。

  • 区分

  • 受講費

  • 内容

  • 救急法基礎講習

  • 1,500円

  • 教本、人工呼吸用マスク2個、保険料

  • 救急法救急員養成講習

  • 1,700円

  • 教本、教材セット、保険料

  • 水上安全法救助員Ⅰ養成講習

  • 700円

  • 教本、保険料

  • 幼児安全法支援員養成講習

  • 1,800円

  • 教本2種類、人工呼吸用マスク1個、保険料

  • 健康生活支援員養成講習

  • 1,700円

  • 教本、教材セット、保険料

短期講習については、講習内容により教本等の購入を希望する場合は、下記により実費をご負担いただきます。

  • 教  材

  • 単価(税込み)

  • 乳幼児の一次救命処置教本

  • 309円

  • 各養成講習教本

  • 514円

  • 救急法/救急法の基礎知識

  • 52円

  • 救急法/知っていれば安心です(心肺蘇生とAED)

  • 52円

  • 水上安全法/ルールを守ってたのしい水泳・水遊び

  • 52円

  • 幼児安全法/子どもの看病 手当の仕方

  • 52円

  • 健康生活支援講習/災害が起こったときに

  • 52円

  • 健康生活支援講習/地域で支える認知症

  • 52円

  • 人工呼吸用マスク

  • 154円